「武禅」それこそ人生だ!

四季折々の武禅の喜び。

Good Luck!

月日の経つのは本当にはやいもので、すでに8月3日を過ぎて、いよいよお別れの季節がやってきました。

なんとなく気づいてる人もいるとおもいますけど、8月3日というのは半年前の2月3日の節分と対になってまして、運命の流れが変わる節目を意味してます。 そこから8月20日くらいまでの魔法の通廊を抜けると、いよいよ新しい世界がはじまるのね。

こういうのは民族の運命も一緒で、8月6日と9日に原爆が落とされて終戦したのが1945年8月15日でしょう? で、マッカーサーが厚木基地にやってきたのが8月30日。 まあ、これは私の生まれる以前の出来事なんだけど…。

私の記憶の中では1985年8月12日の日航機墜落事故が衝撃的な事件だったかな。 最初「機体がレーダーから突然消えた」という報道があって、しばらく墜落現場を特定できなかったのね。 なんだか時空が歪んだような感覚を与えたあとに、凄惨な現場の状況が次々に報道されてきた。 国民的なタレントだった坂本九がそこに乗ってたりして…そのあとバブル景気に突入して、いまはこんな世の中になってる。 1985年8月というのは、そういう魔法の通廊になってたんだ。

ボクは明日、大学時代のサークル仲間に会いに旅に出る。 40-42歳の大厄で完全に昏睡しちゃった人たちに「最後のニュース」を運ぶという嫌な役まわりがあって、ボクはどうしても会ってこなくちゃいけない。 この日を迎えたときに「Good Luck!」と言えればよかったんだけど、ボクが伝えるのは「Good night!」みたいで。 なんだか気が重いよ。

Good Luck!Tours 2017
ひとつのリンゴを君が二つに切る
こんなことはなかった 少し前までは

『Good Luck!』といえば、井上陽水が今年のコンサートツアーのイメージ写真でリンゴを剥いてたんだけど、この人は何でこういうことができるのか、私はいまだによくわからないんだよね。

ひとつのリンゴを 君がふたつに切る
ぼくの方が少し大きく切ってある
そして二人で仲良くかじる

こんなことはなかった 少し前までは

薄汚れた喫茶店の バネの壊れた椅子で
長い話に相槌うって
そしていつも右と左に別れて

(作詞:岡本おさみ 作曲:よしだたくろう『リンゴ』より)

これは『UNITED COVER 2』でカバーされていた吉田拓郎の『リンゴ』という作品なんだけど、これって男女の別れの予感を表現した歌なのね。

私が『Good Luck!』コンサートを観にいった2017年5月27日は、札幌の別会場でもコンサートをやってる人たちがいて、4号はそちらを観に行った。 4号も井上陽水のコンサートに行きたがったんだけど、友人たちと前々から計画していたから、ボクらはその日、別々の行動をすることになった。

こんなことはなかった 少し前までは

2017年5月27日というのはただのコンサートの日じゃなくて、そういう予感を感じさせる一日でもあったんだ。

今日のささやきと 昨日の争う声が
二人だけの恋のハーモニー

夢もあこがれも どこか違ってるけど
それが僕と君のハーモニー

今夜のお別れに 最後の二人の歌は
夏の夜を飾るハーモニー

(作詞:井上陽水 作曲:玉置浩二『夏の終わりのハーモニー』)

どうやら、この『夏の終わりのハーモニー』は、ボクにとっては今年の8月20日以降の出来事を歌っているらしい。『夏の終わり』じゃないといけない理由がちゃんとあるんだ。 井上陽水というのは、どういうわけか、やることがピタリとはまってるんだよね。 なんだか恐ろしくなってくるくらい。 ま、43歳の8月にはそういうことがありますよ~ということで、このブログもそろそろこの辺にしとこうと思います。

矢印マーク UNITED COVER 2
2015年―井上陽水67歳のカバーアルバム
『リンゴ』収録

旅行から帰ってきたら、HP『肴はとくにこだわらず』にブログ記事を移植してまとめようと思ってるんだけど、『縁覚の経典』という付録と『あとがき』をそちらで書く予定です。

そのうち変な歌が世の中に流れるとおもうんだけど、それを聴いたら「そういえば布施仁悟って変なやつがいたな」なんて思い出してもらえたら嬉しいかな。

それではみなさん。

Good Luck!

[おまけ]
矢印マーク 井上陽水&玉置浩二『夏の終わりのハーモニー』

本サイト『電脳山 養心寺』をよろしく!
『肴はとくにこだわらず』へ 電脳山・養心寺で「ちょっとはマシな坐禅」を!
1年以上前のバックナンバーを読めるのはHPだけ。

| | コメント (16)