« 縁覚の経典2~三祖『信心銘』~ | トップページ

Good Luck!

月日の経つのは本当にはやいもので、すでに8月3日を過ぎて、いよいよお別れの季節がやってきました。

なんとなく気づいてる人もいるとおもいますけど、8月3日というのは半年前の2月3日の節分と対になってまして、運命の流れが変わる節目を意味してます。 そこから8月20日くらいまでの魔法の通廊を抜けると、いよいよ新しい世界がはじまるのね。

こういうのは民族の運命も一緒で、8月6日と9日に原爆が落とされて終戦したのが1945年8月15日でしょう? で、マッカーサーが厚木基地にやってきたのが8月30日。 まあ、これは私の生まれる以前の出来事なんだけど…。

私の記憶の中では1985年8月12日の日航機墜落事故が衝撃的な事件だったかな。 最初「機体がレーダーから突然消えた」という報道があって、しばらく墜落現場を特定できなかったのね。 なんだか時空が歪んだような感覚を与えたあとに、凄惨な現場の状況が次々に報道されてきた。 国民的なタレントだった坂本九がそこに乗ってたりして…そのあとバブル景気に突入して、いまはこんな世の中になってる。 1985年8月というのは、そういう魔法の通廊になってたんだ。

ボクは明日、大学時代のサークル仲間に会いに旅に出る。 40-42歳の大厄で完全に昏睡しちゃった人たちに「最後のニュース」を運ぶという嫌な役まわりがあって、ボクはどうしても会ってこなくちゃいけない。 この日を迎えたときに「Good Luck!」と言えればよかったんだけど、ボクが伝えるのは「Good night!」みたいで。 なんだか気が重いよ。

Good Luck!Tours 2017
ひとつのリンゴを君が二つに切る
こんなことはなかった 少し前までは

『Good Luck!』といえば、井上陽水が今年のコンサートツアーのイメージ写真でリンゴを剥いてたんだけど、この人は何でこういうことができるのか、私はいまだによくわからないんだよね。

ひとつのリンゴを 君がふたつに切る
ぼくの方が少し大きく切ってある
そして二人で仲良くかじる

こんなことはなかった 少し前までは

薄汚れた喫茶店の バネの壊れた椅子で
長い話に相槌うって
そしていつも右と左に別れて

(作詞:岡本おさみ 作曲:よしだたくろう『リンゴ』より)

これは『UNITED COVER 2』でカバーされていた吉田拓郎の『リンゴ』という作品なんだけど、これって男女の別れの予感を表現した歌なのね。

私が『Good Luck!』コンサートを観にいった2017年5月27日は、札幌の別会場でもコンサートをやってる人たちがいて、4号はそちらを観に行った。 4号も井上陽水のコンサートに行きたがったんだけど、友人たちと前々から計画していたから、ボクらはその日、別々の行動をすることになった。

こんなことはなかった 少し前までは

2017年5月27日というのはただのコンサートの日じゃなくて、そういう予感を感じさせる一日でもあったんだ。

今日のささやきと 昨日の争う声が
二人だけの恋のハーモニー

夢もあこがれも どこか違ってるけど
それが僕と君のハーモニー

今夜のお別れに 最後の二人の歌は
夏の夜を飾るハーモニー

(作詞:井上陽水 作曲:玉置浩二『夏の終わりのハーモニー』)

どうやら、この『夏の終わりのハーモニー』は、ボクにとっては今年の8月20日以降の出来事を歌っているらしい。『夏の終わり』じゃないといけない理由がちゃんとあるんだ。 井上陽水というのは、どういうわけか、やることがピタリとはまってるんだよね。 なんだか恐ろしくなってくるくらい。 ま、43歳の8月にはそういうことがありますよ~ということで、このブログもそろそろこの辺にしとこうと思います。

矢印マーク UNITED COVER 2
2015年―井上陽水67歳のカバーアルバム
『リンゴ』収録

旅行から帰ってきたら、HP『肴はとくにこだわらず』にブログ記事を移植してまとめようと思ってるんだけど、『縁覚の経典』という付録と『あとがき』をそちらで書く予定です。

そのうち変な歌が世の中に流れるとおもうんだけど、それを聴いたら「そういえば布施仁悟って変なやつがいたな」なんて思い出してもらえたら嬉しいかな。

それではみなさん。

Good Luck!

[おまけ]
矢印マーク 井上陽水&玉置浩二『夏の終わりのハーモニー』

本サイト『電脳山 養心寺』をよろしく!
『肴はとくにこだわらず』へ 電脳山・養心寺で「ちょっとはマシな坐禅」を!
1年以上前のバックナンバーを読めるのはHPだけ。

|

« 縁覚の経典2~三祖『信心銘』~ | トップページ

「武禅」それこそ人生だ!」カテゴリの記事

コメント

Good Luck 布施さん !

どうもありがとう。

投稿: penguinwalk | 2017年8月 4日 (金) 13時25分

どうも、いろいろお世話になりました。
 やっぱ、感謝の気持ちが、おおいてすね。ヨギは、失敗だとしても、挑む道ではありますもんね。
 どれだけの人が、全うできるのかな?
 悪い見本にされて、辛いときもありました。
とりあえず、生きてます。
 いわゆる、ハタヨガだけは続けてます。
 布施さん、ありがとう。ありがとう。

投稿: ヨギ | 2017年8月 4日 (金) 16時33分

最近の記事の流れからなんとなくそういうことなのかなあと感じておりました
短い間でしたがありがとうございました、これからも色々と学ばせてもらおうと思います

投稿: plat | 2017年8月 5日 (土) 03時20分

penguinwalkさん


Good Luck!


映画館の座席番号が見つかりますように…

投稿: 布施仁悟 | 2017年8月 9日 (水) 07時50分

ヨギさん


Good Luck!


お父さんにも…Good Luck!

投稿: 布施仁悟 | 2017年8月 9日 (水) 07時53分

platさん


Good Luck!


失くしちゃいけない「ふるさと行きの乗車券」

投稿: 布施仁悟 | 2017年8月 9日 (水) 07時57分

ありがとうございました。
やれるところまでやってみたいです。
諦めたくないです。

Good Luck!

投稿: 権兵衛 | 2017年8月15日 (火) 08時47分

権兵衛さん


Good Luck!


「権兵衛、君みたいに学ぶことをおそれないカモメには、過去一万年のあいだ出会ったことがないぜ」
(by ジョナサン・仁悟・リヴィングストン)

投稿: 布施仁悟 | 2017年8月16日 (水) 07時43分

布施さん、お疲れ様でした。

布施さんにはもう一度、シュタイナーの(いか超)を読む事をオススメします。

136p11行目ね
(それ故もっぱら判断を下してばかりいる人は、そもそも何も学んでいない訳である。)

あと俺から一言。
(くれぐれも邪魔しないでね)
puffyこれが私の生きる道 より

投稿: 活発発 | 2017年8月22日 (火) 12時02分

活発発さん


Good Luck!

投稿: 布施仁悟 | 2017年8月23日 (水) 07時31分

はじめまして、いろいろ気付きをいただきました。ありがとうございます。なんかうまく言えませんが、いってらっしゃい、私も頑張ります。good luck!

投稿: 優太 | 2017年9月 2日 (土) 00時28分

優太さん


Good Luck!


サヨナラは雨の歌になるから 気をつけて 
夢と夢が重なるまで
(井上陽水『積み荷のない船』より)

投稿: 布施仁悟 | 2017年9月 2日 (土) 08時36分

私がここのHPを知ったのは、、、いつのことだったでしょうか。

「武道と禅」になにか共通があると思い「武禅」で検索すれば、ヒットし
また「身口意」で検索すれば、ヒットし、
「気」のことで検索すれば、ヒットし、、、、。

もう、本当にかぶりつきで、何度も読みまくり、そして印刷。

「ごはんができたと呼ばれたのでまた次回」的な文章が書いてあれば、心待ちにして「早く書いてほしいな。」と首を長くして待ったこともありました。

CR日記もつけ、チベット体操もし、心随観もして、、、。
現在もチベット体操、心随観も継続中です。
自分の心随観はまだ自分に甘い(頭が狂ってるのでしょう)でしょうね。

ここに書いてあることは自分のためにあると確信していましたが違ってました。
なぜなら、結構前の記事から理解できなくなり、ついていけなくなってしまったからなのであります。いや、最初から理解できてないのかも。

第一の結節がとけるのはいつの日やら。
でも、それはしょーがないのであります。
10万人に一人ではないのだから。
こつこつやります。

散文になってしまいましたが、出会えてよかったです。

感謝、感謝であります。

投稿: 10万人に一人でない人 | 2017年9月10日 (日) 02時27分

10万人に一人でない人さん


『アカデメイアからの手紙』を書き始めた39歳の2013年12月から、40-42歳の大厄をいかに乗り越えるかを主題にしてきています。したがって、その年齢以前の人たちは置き去りにされているような感覚を覚えるかもしれません。しかし、いずれ40-42歳の大厄の時節を迎える頃ともなれば、よく理解できるようになるでしょう。


Good Luck!


近道など見つけようとしないこと。 そうすれば、あなたは豊かな人間になるだろう。
(和尚)

投稿: 布施仁悟 | 2017年9月11日 (月) 08時00分

布施さん、こんにちは。バカの田吾作です。

布施さんの、仰る、道? 
布施さん、音楽、小説、どうなってますか?

投稿: 田吾作 | 2017年10月16日 (月) 15時40分

田吾作さん


その回答はすでに受け取っているはずです。何度聞かれようと同じ答えしか返せませんよ。


--------------------------------------------------------------
昨年の12月くらいに村上春樹のインタビュー集を手にしたんだけど、彼はホントによくわかってて感心してます。


「むしろ小説を書かない時期が大事なんじゃないかとおもう」


ということを言っていて、これ、まったくその通りなんですよね。 自分がなんらかの内的体験を経ると、その体験を整理してまとめるために、作品のインスピレーションが降りてくるみたいでして。 で、その作品を書き終えたとき、作家はまったく別人に生まれ変わっている。
【BBS:Q&A 78】何も学ばなかった頓珍漢たち(2016.10)
--------------------------------------------------------------


これが私の歩んできた道で、おそらく、これからも変わることはない。私の中からどんな作品が飛び出してこようと、それらはすべて私の内的体験のアルバムなのです。


「私は私の人生を真っ直ぐに歩んで生きている」


小説にしろ、音楽にしろ、すべての作品はその道の上に産み落とされるものにすぎません。『坐禅作法』シリーズそのものが究極の回答になっているのがワカラナイのですか?


Good Luck!


まず人の話をちゃんと聞くのです。 そこからが心随観です。
(正師・秀爺の箴言)

投稿: 布施仁悟 | 2017年10月17日 (火) 12時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 縁覚の経典2~三祖『信心銘』~ | トップページ